エスプレッソコーヒーの起源と日本での展開

エスプレッソコーヒーはイタリアやフランスでよく飲まれるコーヒーで、コーヒーというとエスプレッソコーヒーを指すというほどです。


コーヒ―との違いは抽出方法にあり、日本で一般的な圧力をかけずに抽出するドリップ式やサイフォン式に対して、エスプレッソ式という特別な機械を使用して高圧力で抽出するところが大きく異なります。


この方式で抽出されたコーヒーは風味が濃厚であることもエスプレッソコーヒーの特徴で、使用する豆は特別に深煎りされています。

エスプレッソコーヒー情報をお届けします。

使用するカップはデミタスカップという容量の小さいカップですが、この起源は1806年にナポレオンが産業革命中のイギリスを封じ込め、ヨーロッパの経済を支配するために発した大陸封鎖令に端を発します。

このことでイギリス製品がボイコットされフランスの植民地内のコーヒー豆が極端に不足し、イタリアの市場ではコーヒーを淹れる際の豆の量を3分の2に減らし、価格もそれに見合ったものに値下げされました。
その後100年程して濃厚なコーヒーを淹れるためにイタリアで考案されたのが最初のエスプレッソマシンです。

goo ニュース情報がリニューアルしました。

イタリアやフランスで一般的にエスプレッソコーヒーが飲まれるのにはこのような経緯があります。



日本ではあまり馴染みのない飲み方でしたが、アメリカにおいて従来の浅い焙煎で飲まれていたアメリカン・コーヒーに一線を画すかたちで、エスプレッソコーヒーにさまざまなフレーバーを加えるなどのアレンジを加えたものがスターバックスなどで販売されるようになり身近になりました。

これらはワシントン州シアトルで発展したことによりシアトル系コーヒーと言われています。